PHPの基本

PHPは平易な文体で使いやすいことで知られています。なかでも最大の特長は、HTMLのなかに埋め込んで使えることでしょう。HTMLと合わせてPHPを使うことで、かんたんにwebページを動的に生成することができます。たとえば、チャットや掲示板などを簡単に作ることができるのです。

HTMLのなかでPHPを使うには、PHPの部分を「<?php」と「?>」で囲みます。HTML内のどこに記述してもかまいません。HTML<head><body>など記述が必要となりますので、

PHPを入門するときには、よく使う構文をテンプレートとして作っておくと便利です。

また、PHPのプログラムをつくるさいには、いくつかの約束ごとが必要です。基本となる約束ごとが、ファイルの拡張子を.phpにすること。それから、各行の最後に「;」をつけることです。これを守らないと、プログラムが正常に動作しなくなるので、気を付けてください。

また、PHPでは、文字列をくくるさい、シングルクオテーション「’」とダブルクオテーション「”」のどちらも使用することができます。両者によって変数の扱い方が違い、ダブルクオテーションのほうが高度な処理を行っています。そのため、シングルクオテーションのほうが処理が速いです。PHP入門者のうちは、基本的にはシングルクオテーションを使うとよいでしょう。