簡単なプログラムを作ろう

PHP入門にあたり、環境構築や基礎知識がついたところで、いよいよ実際にプログラムを書いてみましょう!簡単なものから始めて、すこしずつ文法を覚えていくのが、よい学習方法です。

よく使われる代表的な関数を挙げておきます。

・画面に文章を表示する

画面に文章を表示するためには、echoまたはprintという関数を使います。print(‘Hello World’);またはecho(‘Hello World’);と記述すれば、画面に「Hello World」という一文が表示されます。

・現在の時刻を取得する

dateという関数を使うと、現在の時刻を取得することができます。date(‘’)のカッコ内に、様々な引数を設定することで、月、日、曜日、時、分、秒など、様々な値を取得することができます。

たとえば、print(date(‘G時 i分 s秒’));と記述すると、現在が何時何分何秒かを表示させることができます。

・入力フォームを作り、その内容を取得する。

面倒そうに思える入力フォームの処理も、PHPをつかえば意外と簡単に行うことができます。HTMLで入力フォームを作成し、PHPで入力された内容を取得表示します。そのためには、以下のように記述します。

print(htmlspecialchars($_REQUEST[‘変数名’],ENT_QUOT));

ここに挙げた関数はほんの一部ですので、自分がしたいことに合わせてどのような関数があるか調べてみましょう!